技法

  • キャスト(鋳造)は、通常石膏型にさまざまな色の粒ガラスを詰め、電気炉で熔融します。 炉の中でゆっくり冷却し、型から外した後、仕上げ加工をして作品とします。 

 

 

      

 

  • キャストの中でも、ガラスの微細粉末をバインダーで練り、焼成したものをパート ド ヴェール(ガラスの練り粉)と呼びます。 繊細なやわらかい表情に特徴があります。

 

         

 

  • フュージング(熔着)は、さまざまな色の板ガラスを重ね合わせ、電気炉の中で一体化します。

 

             

 

  • サンドブラストは、細かい砂の粒子を、空気圧でガラスに打ち付け、表面を削って、模様をつくります。